新着情報 News

新着情報

ピッチマーク修復のお願い!

2020/7/7
ピッチマーク

ご来場のお客様へ

 

グリーン上にできたボール跡、ボールマークを直すのはゴルファーのエチケットの一つです。

ボールマークをそのまま放置すると、芝が枯れてしまいます。それが元に戻るには1・2ヶ月かかります。

ただ修復が早ければ、早いほど再生にかかる時間は短くなります。

 

 

 

ボールマークを直すことは、芝の保護と共に後続の方にも少しでも良い状態でプレーをしてもらいたいという優しさになります。

 

《ボールマークの修復方法》

①一番盛り上がったところの後方から、ボールの入射角度と同じくらいの角度で、グリーンフォークを刺します。

※そのときフォークの先はクレーターの最深部より深く刺して下さい。そうしないとしっかり芝を押し上げて穴を元に戻すことが出来ないからです。

②しっかり刺したら、直角になるまで押し上げます。

③これを3方向から同じように行います。

④仕上げに、パターの裏面でトン、トンと平にすれば完成です。

 

15分以内 に直すと、 1日で   再生

1時間後  に直すと、 1週間後に 再生

1日後   に直すと、 1か月後に 再生

 

皆様が気持ちよく、楽しいゴルフができる様

グリーン上のボールマーク修復にご協力をお願い致します。